機種変更のタイミング

毎日スマホを使っていると、
「今のスマホ使って2年たったな」「スマホの調子が悪いな」「バッテリーがすぐ無くなるんだけど。。」
と思う時があるでしょう

 

今まで、スマホの機種変更を何度かしてきた方がほとんどだと思いますが、

 
1.機種変更のタイミング
2.意外だと思われている事
3.携帯ショップが空いている時期

 

この3点について、ご紹介していきます。

1.機種変更のタイミング

機種変更

スマホの調子が悪くなってきた時

 

日常生活でのスマホ利用に支障をきたす時、「携帯ショップに修理に出す」という選択肢もあります。

 
しかし、修理に出しても、動作が改善されなかったり、携帯ショップでも修理対応ができないこともあります。

 

具体的には、
・スマホの「頭脳」であるOSが古くて、更新が出来なくなった時
・写真などのデータを保存する「ストレージ」がいっぱいになった時
・スマホのモデルが古い為、ショップでの修理が非対応になった時

機種変更
 

こうなると自分で対処する方法もありますが、面倒なことは、したくない。今すぐに使いづらいスマホを変えたいという方は機種変更するのも良いです。

 

しかし、今使ってるスマホの契約内容によって注意点があります。

 

それは、場合によっては機種変更後の本体価格以外に支払いが必要なケースがあるということ。

機種変更
 

例えば、まだ本体代金を分割で支払っている状態で、新しいスマホに機種変更すると、古い方の分割金を支払いつつ、新しいスマホの分割金も支払っていく必要があります。
 
ただ、ドコモ、au、ソフトバンクには、本体代金の分割金が残っていても、今使っているスマホを契約した時に加入していて、かつ一定の条件下で機種変更すれば、残りの本体代金が免除されるプラン・オプションがあります。

NTTドコモスマホおかえしプログラム
auアップグレードプログラム
auかえとくプログラム
ソフトバンク半額サポート
※auの「アップグレードプログラム」ソフトバンクの「半額サポート」は
新規受付停止 (2020年7月現在)
 
機種変更
また、前回機種変更時、本体価格の割引を受け、かつ一定の期間が経過する前に機種変更すると、「本体割引金額の一部返還」つまり「解除料」がかかるケースもあるので、心配な方はこちらもご確認ください。

NTTドコモ端末購入サポート
au購入サポート
※両キャンペーン共に新規受付停止 (2020年7月現在)
 

逆に言ったら、これらの「縛り期間」が終了したら、いつでも機種変更しても問題ないでしょう。

 

あるいは、自宅の郵便ポストに「(契約している携帯電話会社から)お得な機種変更のご案内」といったDMが入っていたら、それも機種変更のタイミングと言えるでしょう。

新機種発売直後の旧機種の値下がり時期

機種変更

毎年、スマホの新機種が発売される時期が数回ありますが、それは、いつでしょうか?

 

まずは、新型iPhoneの発売の時期です。毎年、秋に新型のiPhoneが発表されますが、現最新モデルであるiPhone11がApple社から発表されたのは、2019年9月11日です。

 

それに伴って、iPhone11の一年前に発売されたiPhoneXRの本体価格が64GBで84,800円から64,800円に、128GBで90,800円から69,800円へと20,000円以上も値下がりしました。

 
機種変更

これはAppleのSIMフリーモデルの価格ですが、各通信キャリアでも各種キャンペーンにより、毎年旧モデルが値下がりする傾向にあります。

 

iPhoneSEの様に例外もありますが、新型iPhoneの発表は基本毎年9月にあります。

 

ただ、Androidユーザーの方で、「次の機種変更もAndroidが良い」という方であれば、各通信キャリアの「夏モデル」「冬モデル」の発表時期に注目してみて下さい。

機種変更

au公式サイトより画像引用

 

一般的に各通信キャリアは「冬春モデル」、「夏秋モデル」といったように、季節の変わり目で新型のAndroidスマホを発表します。

 

こういうケースでも、旧Androidモデルは値下がりする傾向にありますので、逐一チェックして機種変更のタイミングをキャッチするのも良いでしょう。

2.意外だと思われていること

機種変更

「更新月でないと、機種変更できない?」

 

今使っているスマホの分割金が払い終わり、2年契約が終わった月に、つまり更新月に機種変更しないと違約金がかかると思っている方が非常に多いです。

 

確かに、本体の分割金が払い終えていなかったり、前回機種変更から数ヶ月〜1年程度の時に機種変更すると、金銭的に損をするケースがあることは、ご説明した通りです。

 

しかし、こういった「縛り」を終えていたら、更新月は関係なくいつ機種変更しても違約金はかかりません。

機種変更
 

違約金がかかるケースは次の通りです。更新月が過ぎ、契約が自動更新されている時に、

 

・解約をする
・今利用している携帯電話会社から、電話番号そのままで、他の携帯電話会社に移る(MNP)

 

このどちらかの手続きをした場合だけです。
(2020年7月現在、各通信会社では一定の条件下での契約内容の変更によって自動更新されない契約に変更してから、解約やMNPをすることも可能です。一度、携帯ショップ等でご相談してみてください)

機種変更

「スマホのデータ移行はショップで全部やってもらえる?」

 

残念ながら、ショップスタッフにスマホのデータ移行を任せることはできません。

 

データ移行をするために必要なアプリや方法についての紹介・サポートはありますが、データ移行は自分でやる必要があります。

 
機種変更

それは、昨今の個人情報保護の問題からショップ側でデータ移行をすることは禁止されているからです。

 

この機種変更後のデータ移行、初期設定の部分がスマホを契約する際に、大きく時間を取られてしまう要因の一つでもありますが、逆に言ったら機種変更前にある程度、自分で準備をしておけば契約に要する時間を大幅に短縮できる可能性もあります。

3.携帯ショップが空いている時期

機種変更
 

「携帯ショップはいついっても混んでいる」そういったイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

しかし、ショップの立地条件にもよりますが、行く時期、時間帯を見極めれば、驚くほど空いており、待たずに契約できるケースがあります。

空いている時期は?→2月、6月、7月、(8月)

 

これらの月には共通点がありますが、何かお分かりでしょうか?

機種変更
 

答えは、1年のうち、「携帯業界においては」大きなイベント・行事が少ない月です。

 

勿論6月、7月にかけては「ボーナスが出たから新しいスマホに機種変更する」という方もおり、ショップ行く人も増えるかもしれません。

 

しかし、それよりも新型iPhone発売月である9月、年末商戦期の12月、新生活需要・学割需要が高まる3月の方が携帯電話を買い換えようという方が増え、必然的にショップは混む傾向があります。
※8月はお盆の時期にあたるため、混む店舗もある一方、都心にある店舗は比較的空いているところもあります

機種変更

空いている曜日・時間帯は?→平日、午後から夕方までの時間帯

 

これは、他の小売業と似ているかもしれません。仕事が終わってから、あるいは土日にしか携帯ショップに行けないという方がほとんどでしょう。

 

ただ、シフト制の職種の方で、平日に休みがとれる方は、平日の午後の時間帯にショップに行かれることをお勧めします。

 

「どうしても、平日、ショップの営業時間にしかショップに行けない」「土日にしかショップに行けないけど、待たされたくない」という方は、事前に来店予約をとりましょう。
※ドコモショップに関しては、完全予約制になっておりショップに行かれる際は、事前に予約が必要となりました。

NTTドコモ 来店予約
 

また、解約手続き等のために来店する方もいるため、月末も混む日が多いです。

▼弊社運営のTOP1モバイルショップ

機種変更

店舗一覧

前の記事

格安SIM 超入門②

次の記事

スマホ ウィルス対策