スマホが長持ちする充電器

最適な充電器を探す方法

 

普段皆さんが使っている充電器。「スマホを買ったら、付属でついていたから」とか「量販店で適当に買ったものだから」という理由で充電器を使っている方もいらっしゃると思います。

 

今回は、きちんと自分のスマホに合った充電器を使って、短い時間でスマホを充電する方法など、案外分かっていそうで分かっていない充電器についていろいろとまとめてみたいと思います。

A(アンペア)×V(ボルト)=W(ワット)で充電性能が決まる

スマホ 充電器
 

まずはスマホのAC充電器(ACアダプター)基本編。
スマホAC充電器(ACアダプター)に記載されているOutputとある表記にご注目ください。文字通りこのOutputはAC充電器(ACアダプター)が出力する電力を表しています。
 
お手持ちのAC充電器(ACアダプター)を見ていただけますと、Output5V=2Aなんていう表記があるのではないでしょうか?これがAC充電器(ACアダプター)の出力する電力で通常W(ワット)であらわします。

 

昔の理科の授業のような話ですが、V,A,Wは次の様に授業で習ったはずです。
V(ボルト、電圧)は電気を押し出す力。
A(アンペア、電流)は電気の流れる量。
W(ワット、電力)は消費される電気のエネルギーの量(ここではACアダプタの説明ですので出力される電気エネルギーとの理解でよいかと思います)

スマホ 充電器
 

公式は、V×A=Wとなり、W(電力)が導き出されます。筆者の手元にあるAC充電器(ACアダプター)には、「Output5V=2A 10W」という表記があります。これは5Vの電圧で最大2Aの量の電気を流すことで、10Wの電力を出力していることを表しています。

 

大きな電力を出力できるAC充電器(ACアダプター)であれば、小さな出力のAC充電器(ACアダプター)より短い時間でスマホを充電することができます。
 
例えば5V/1AのAC充電器(ACアダプター)と5V/2AのAC充電器(ACアダプター)であれば当然後者のほうが短時間で充電が可能です。
 

スマホの充電性能を超えないAC充電器を選ぶことが第一原則

スマホ 充電器
 

次にスマホ本体とUSBやメーカーの規格編。正直スマホの充電に対し非常に複雑になってしまっている諸悪の根源はこのメーカー独自規格の乱立によると筆者は考えております。

以下細かく記載するとかなり複雑な内容になるためかなり大雑把にわかりやすく記載することといたします。
 
そもそも多くのスマホはUSBやメーカーの規格に基づき充電を行っております。


 

どんなに優れたAC充電器(ACアダプター)を使用してもスマホ本体が対応していなければ、本体の充電性能までしか充電できません。
(通常のスマホはスマホ本体に充電制御回路があり、接続された充電器を判断し要求する電力決めます。)
 
仮に15Wで充電できるAC充電器(ACアダプター)を使い、5Wまでしか充電できないスマホを充電すると当然ですが5Wまでの充電しかできません。(これで過充電を防止しますので当たり前といえば当たり前の機能です。)
この前提をご理解いただき規格のお話に進みます。

 

現在の主流規格は「5V/1.5A」と「5V/3A」(Android)

スマホ 充電器
 

まずはUSBの規格からですが、そもそもUSBはパソコンのマウス等を使うために非常に小さな電源を供給するためのものでした。スマホが普及しだした2010年にUSB BC 1.2という規格ができ、最大5V/1.5Aで充電するという形がスタンダードになりました。
 
また昨今では、USB TYPE-Cが主流になっており、USB TYPE-C では、USB TYPE-C Currentという規格で最大5V/3Aまでの充電ができるようになっています。

 

USBの規格は本当にたくさんあるので最大5V/1.5Aと最大5V/3A(TYPE-C)この二つがUSBの基本的な規格と考えていただいてよいかと思います。

 

「5V/1.5A」と「5V/3A」の上位互換規格が『USB-PD』

スマホ 充電器
 

この基本的な規格の上位規格として、USB-PDという規格が登場しました。規格に対応した端末が必要ですが、最大スペックは20V/5A=100Wまで出力でき、複数ポートを備えたUSB-PD充電器であれば、スマホやタブレットだけでなくPCもこれ1つで充電できる優れものです。

 

ただここではスマホのお話で、現状のスマホでは100Wの出力が受けられるスマホはないかとおもいますので、USB-PD対応のスマホが受けられる上限の出力で充電できるとご理解いただければとおもいます(大体18W程度とご理解ください)。
 
A(アンペア/電流)を大きくするだけでなく、V(ボルト/電圧)を高くすることで急速充電を実現しています。現状のスマホの多くは9V/2Aか12V/1.5Aで充電されているようです。

 

このUSB-PDが現状で最も有力な急速充電の規格といっても良いかと思います。
 

アップルの充電規格は「5V/1A」「5V/2.1A」「5V/2.4A」の3種類

スマホ 充電器
 

次はアップルの規格です。iPhoneにはiPhoneの充電規格があります、iPhone6以降の機種であれば5V/1A、5V/2.1A、5V/2.4Aの3種類の充電規格に対応しています。
 
iPhone8以降の機種であればUSB-PDの規格に対応しており最大で9V/2Aの18Wでの充電が可能となっております。

 

ネットや店頭で販売されている汎用のAC充電器(ACアダプター)に5V/2.4Aの規格が良く見かけると思いますが、これは各充電器メーカーがiPhoneの充電規格に適合させた商品であることは明白です。
スマホ 充電器
 
現状ではiPhone 11proシリーズ以外はiPhone付属のAC充電器(ACアダプター)は5V/1Aのタイプが付属しております。つまり市販の5V/2.4AのAC充電器(ACアダプター)を購入すれば付属の物より早く充電できます。
 
よって、現状販売されているiPhone購入時はIPHONE6S以降であれば、5V/2.4AのAC充電器(ACアダプター)、iPhone8以降はUSB-PDのAC充電器(ACアダプター)使用がお勧めです。

 

Quick Charge規格は、選びにくい

スマホ 充電器
 

次はQuick Charge(クイックチャージ)と呼ばれるクアルコムの規格です。アンドロイドの対応端末と対応充電器が必要です。
2013年頃にQuick Charge1.0が策定され、現在ではQuick Charge4.0まであります。USB-PD同様、A(アンペア/電流)を大きくするだけでなく、V(ボルト/電圧)を高くすることで急速充電を実現しています。
 
Quick Charge2.0は5V、9V、12Vで、Quick Charge3.0では3.6V~12Vまでの範囲で、自動で電圧を最適に調整します。Quick Charge4.0ではUSB-PDの規格を利用し互換性持てるようになりました。出力としてはQuick Charge2.0以降でQuick Charge動作時、最大18Wまで対応しています。

スマホ 充電器
 

Quick Charge2.0がではじめた2015年頃はUSB-PDよりも日本では普及した急速充電の規格であったかと思いますが、昨今は発売されるほとんどの端末がUSB-PDに対応しており、Quick Charge にUSB-PDとの互換性も出てきたことから、端末が対応していればかなりわかりにくいQuick Chargeの規格ではなくUSB-PD規格のAC充電器(ACアダプター)を選ぶ方が良い気がします。

HUAWAY OPPOなどのメーカー独自規格の急速充電器もおすすめできない

スマホ 充電器
 

これ以外にも、HUAWEIやOPPOはメーカー独自の急速充電の規格をもっており対応端末、対応充電器が必要です。(HUAWEIの端末にAC充電器(ACアダプター)が付属されているのはメーカー独自の急速充電器を使わせるためかと思います。)
 
ただHUAWEIやOPPOの急速充電対応AC充電器(ACアダプター)は汎用の市販品がほとんどないので、USB-PDに対応していない端末だと付属品以外では通常のUSB充電しかできないのが現実です。

 

また、充電器メーカーの規格がありますが(AnkerのPowerIQ等)
これは充電規格ではありません。ざっくりご説明すると、例えば、アップル独自規格、Quick Charge 、USB BC 1.2の3つの規格に対応したAC充電器(ACアダプター)の中にコントローラーのICチップがはいっており、スマホ側が要求する電力に対しコントローラーのICチップが判断して最適な充電をするというものです。
スマホ 充電器
 
これ色々な充電器メーカーが色々な名前でやっていますがみな同じような機能です。もちろんAC充電器(ACアダプター)により対応している規格が違う為、自分の端末に対応した規格のAC充電器(ACアダプター)を選ぶ必要があります。

 

充電時間を短くしたいのなら「USB-PD」規格対応のものがベスト

スマホ 充電器
 

かなりざっくりではありますがスマホの充電についてまとめてみました。(細かい所で突っ込みどころがあるかと思いますがご容赦願います)
まとめてみて改めて思いましたが、端末ごとに規格が乱立し、対応端末と対応充電器があっていないと早い充電にならない等、非常に複雑でわかりにくいです。
 
しかしながらやはり充電は早くできるに越したことないと思います。わかり易い所では、本文でも一部触れましたが、アップルはiPhone6S以降では5V/2.4A対応の充電器。
iPhone8以降はUSB-PD対応の充電器。アンドロイドは多くの端末がUSB-PDに対応してきており、対応端末であればUSB-PD対応の充電器のご利用がおススメと言えます。

 

携帯ショップTOP1各店では色々な規格に対応したAC充電器(ACアダプター)のお取り扱いをしております。スマホ購入時に購入いただいたスマホにピッタリなAC充電器(ACアダプター)もおすすめしています。

 

▼弊社運営のTOP1モバイルショップ

 

充電器

店舗一覧

次の記事

おすすめVODサイト5選