モバイルPASMO for iPnone 設定ガイド

ついに、iPhoneやApple WatchのApple Payで、交通ICカード 「PASMO」が10月6日から利用できるようになりました。
AndroidのみモバイルPASMOが利用できるようになった同年3月から、7ヶ月遅れてのスタートとなったが、「やっと使える!」とこのニュースを喜んだ人も多いのではないでしょうか。

 

筆者もこのニュースを読んだときは思わずガッツポーズをしてしまったぐらい喜んでしまいました。
というのも、iPhone ユーザーは2016年の10月にApple Payの日本国内サービスがスタートし、そこで初めてAndroidユーザー特権のおサイフケータイという機能を手に入れることができました。
しかしその時はJR東日本提供交通ICカードの「Suica」は使えるが、「PASMO」は対象外だったため、通勤や通学でPASMOを利用していたiPhoneユーザーは、交通機関ではカード型を使うしか道が無かったのです。
隣でスムーズにピッと改札口を通る人を、何度羨ましく思ったことでしょう……。
自動改札口ICカード
そんな生活ともついにおサラバできる!これで 私もスムーズにピッとする側に仲間入りだ! と、サービス開始当日にさっそく定期PASMOをiPhoneで利用できるようApple Payに登録をしてみました。
断言します。今すぐみんな使用した方が良いです。
こんなに便利なものを使わずにいるのは勿体なさすぎます。
是非まだ利用したことが無い人は、1度騙されたと思って試しに利用してみてほしいです。
 
「使いたくても、やり方がわからない……」
「登録が面倒くさそう」
「チャージってどうやるの?」
 
使用するにあたって、様々な疑問点が出てくるとは思いますが、以下を読めば登録の仕方やユーザーが抱くであろう疑問点は解決できるようになっているので、是非最後まで読んで、自分のiPhoneにPASMOを登録して欲しいです。

 
 
 

目次

1.登録の仕方ってどうやるの?
2.入金(チャージ)の仕方ってどうやるの?
3.すでにSuicaが登録されているけどどちらが優先されるの?
4.スマホが壊れたり紛失したらどうするの?
 
 
 

1.1 登録の仕方ってどうやるの?

まずは使用できる条件があるので、自分のiPhoneはその条件をクリアできているのかをチェックしてみましょう。
 
【条件① Face IDかTouch ID、パスコードのいずれかが設定されていること】
 
簡単に言えばiPhoneにロックがかかっていないと利用ができないということです。
ほとんどの人はセキュリティのためにもロックをかけているかとは思いますが、かけていない人はPASMOを利用をするしないに関わらず、この機会にロックはかけておきましょう。
盗難紛失してしまった際に、情報盗まれ放題になってしまうリスクを回避するに越したことはないです。

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「Face IDとパスコード/Touch IDとパスコード」 を押す

ここでFace IDかTouch ID、パスコードの設定ができます。
 
【条件② iOS14.0がインストールされたiPhone 8以降の機種であること】

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「一般」を押す
  3. 「情報」を押す
  4. 「機種名」を確認する

ここがiPhone8以降の発売機種名になっていますか?
 
さらに、その上のシステムバージョンというところも見てください。
ここはiOSといって、簡単にいうと今自分が使っているiPhoneの脳味噌レベルが何かを記載されている箇所になっているのですが、ここがiOS14.0以上になっていますか?
 
パスモがiPhoneで使える条件
まず機種がiPhone8より前の7や6sだった人。残念ですが、今の機種ではPASMOをiPhoneで使用することができません。
使用するためには、新しい機種に機種変更するしかないので、是非検討してみてください。iPhone12の発売も始まったので、この機会に機種変更するには良いタイミングかもしれません。
 
iOSが14.0未満だった人。アップデートをすれば使用することができるので、まずは先にアップデートをしましょう。
既にiOS14以上になっていた人は、条件が揃っているので、1.2は飛ばして1.3の登録方法に進んでしまって構いません。
 

1.2 iOSバージョンアップの仕方

①Wi-Fi に接続する
iOSのバージョンアップはWi-Fiに接続をしていないとできないので、まずはiPhoneをWi-Fiに接続します。右上の電波マーク横が4Gではなく扇型のマークに変わったら、接続されたことになります。
 
②充電器に接続する
電池残量が少ないとアップデート仕切れないので、充電器に接続してから行います。
 
③アップデート開始

  1. iPhone「設定」を開く
  2. 「一般」を押す
  3. 「ソフトウェア・アップデート」を押す

そうすると、現在インストールされているiOSのバージョンと、アップデートの有無が表示されるので、「ダウンロードしてインストール」を押してアップデートを行います。
 
詳細はiPhoneユーザガイド
 

1.3 PASMOの登録

Apple PayでPASMOを利用するには3つのパターンがあります。

  • 新規で作る
  • PASMOカードからの移行
  • Androidスマホからの移行

ひとつずつ説明していきます。
 

【新規で作成】

PASMOカードを持っていないので、この機会に新規で作成したいという方の作成方法です。
有効なクレジットカードがWalletに追加されていない場合は、有効なクレジットカードを設定するように案内されるので、クレジットカードの準備をお願いします。
但し「Visaカード」は対応ができないので、「Visaカード」を登録したい方は「PASMOアプリ」から新規作成をしてください。
「PASMOアプリ」に、クレジットカードを登録する方法はこちらで詳しく書いています。
 
「設定」から作成するやり方

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「WalletとApple Pay」を押す
  3. 「カードを追加」を押す
  4. 「PASMO」を選択する
  5. 入金したい金額を選択して「追加」を押す
  6. 「Walletにカードを追加」を押す
  7. カメラが起動するのでクレジットカードを読み込む
  8. 支払いを承認する

設定から新規作成する方法①
設定から新規作成する方法②
iPhoneに標準でインストールされている「Walletアプリ」から作成するやり方

  1. 「Walletアプリ」を開く
  2. 「右上の+マーク」を押す
  3. 「続ける」を押す
  4. 「PASMO」を選択する
  5. 入金したい金額を選択して「追加」を押す
  6. 諸規則に同意し、画面の案内にそって支払いを承認する

ウォレットアプリでパスモ新規発行
詳細は一番最後にリンクを貼っておくますので、PASMO公式サイトをご確認ください。
 

【PASMOカードからの移行】
 
続いて、今既に使用しているPASMOカードからApple Payに情報を移行するやり方です。
「Walletアプリ」で移行する方法は、上記の「新規で作成でPASMOを選択する」まで手順は同じとなります。

  1. 「金額を選択」画面で中央付近にある青字の「お手持ちの交通系ICカードを追加」を押す
  2. PASMO ID番号末尾4桁(カードの裏面の右下にあるPBで始まる17桁の番号)を入力する
  3. 生年月日を入力する
  4. 諸規則に同意する
  5. iPhone の上部をカードの中央部の上に置く

ウォレットアプリからの移行方法
しばらく iPhone を動かさずにカードの上に置いたままにしておくと、残額の転送が完了されます。
数分かかる場合もあるそうですが、筆者は1分もかからず転送完了になりました。
 
「PASMOアプリ」での移行する方法

  1. 「PASMOアプリ」を開く
  2. 「はじめる」を押す
  3. 「お手持ちのPASMOカードではじめる」を押す
  4. 「Walletアプリ」右上の【+】マークを押す
  5. あとは上記の「Walletアプリ」で移行する流れと同じ

パスモアプリからの移行方法
詳細はPASMO公式サイトから、PASMOカードからの移行手順のページご確認ください。
 
 

【Androidスマホからの移行】
 
Androidで使っていたモバイルPASMOの情報を移行したい場合ですが、まず大前提としてApple Pay側にPASMO情報がまったくない場合のみ、移行できます。
すでにApple Payに別のPASMOが設定されていると、移行することができないので、もしApple Pay側で設定してしまい、モバイルPASMOを移行したい場合は、Apple Pay側のPASMOで退会手続きをする必要があります。
 
Androidスマホの機種変更で「モバイルPASMO」を移行する(引き継ぐ)方法

  1. モバイルPASMOアプリで「機種変更」の項目を開く
  2. 自動的に「おサイフケータイ」アプリが起動される
  3. PASMOの情報をサーバーにアップロードする

詳細はPASMO公式サイトから、Androidスマホからの移行手順のページをご確認ください。
 

2.入金(チャージ)の仕方ってどうやるの?

 
登録ができたら次はチャージのやり方をお伝えします。
チャージのやり方は以下の4つの方法があります。

  • Walletアプリから入金(チャージ)
  • PASMOアプリからの入金(チャージ)
  • PASMOオートチャージサービス
  • 現金で入金(チャージ)

まず、入金(チャージ)をする際に、クレジットカードから入金(チャージ)する方が多いと思います。その際に登録するクレジットカードの国際ブランドは注意が必要です。
「Visa」は、店舗でiPhoneをかざして使う場合は問題ありませんが、Walletアプリで入金(チャージ)したり、アプリやECサイトでApple Payで支払う際には選択することができません。
いつでもどこでも使いたいのなら「Mastercard」や「JCB」「American Express」のブランドが付いたクレジットカードを登録した方が使いやすいでしょう。
 
しかし「Visa」しか持っていない方も中にはいると思いますし、メインのクレジットカードとして使っているのが「Visa」という方も少なくないとは思います。
その場合はPASMOアプリからの入金(チャージ)をすれば良いだけなので、ご安心ください。

「Mastercard」「JCB」「American Express」➡︎Walletアプリから入金(チャージ)

 
「Visa」➡︎ PASMOアプリからの入金(チャージ)
 

【Walletアプリから入金(チャージ)】

  1. 「Walletアプリ」を開く
  2. 「右上の+マーク」を押す
  3. 「続ける」を押す
  4. 「クレジットカード等」を選択する
  5. カメラが起動するので登録したいクレジットカードを読み込む

これでまずはWalletアプリにクレジットカードが登録されました。
では、その登録したクレジットカードで入金(チャージ)をします。

  1. Walletアプリを開いて、チャージをしたいPASMOを押します。
  2. 「チャージ」を押します。
  3. 金額を入力または選択してから「追加する」を押します。
  4. 支払いに使うカードを選択し、Face ID / Touch IDを使うもしくはパスコードを入力します。

これで入金(チャージ)されます。とても簡単ですよね。
Walletアプリでの入金(チャージ)の方法
詳細はPASMO公式サイトから、Walletアプリチャージ方法のページをご確認ください。
 

【PASMOアプリからの入金(チャージ)】

  1. 「PASMOアプリ」を開く
  2. 「左上の人型のマーク」を押す
  3. 「クレジットカード情報」を押す
  4. 利用規約に同意する
  5. 必要事項を入力する

パスモアプリからクレカを登録する方法
これでまずはPASMOアプリにクレジットカードが登録されました。
では、その登録したクレジットカードで入金(チャージ)をします。

  1. 「PASMOアプリ」を開いて、「入金(チャージ)」を押す
  2. 「金額変更」を押して入金(チャージ)したい金額を入力する
  3. 「クレジットカード」か「Apple Pay」か入金(チャージ)方法を選択する
  4. 金額を確認し「入金(チャージ)」を押す

これで入金(チャージ)されます。Visaカード派の人はこれで入金(チャージ)できます。
パスモアプリからのチャージ方法①
パスモアプリからのチャージ方法②
詳細はPASMO公式サイトから。PASMOアプリチャージ方法のページをご確認ください。
 

【PASMOオートチャージサービス】
すでにPASMOオートチャージサービスが設定済みのPASMOカードを移行した場合、またはPASMOアプリから会員登録後、オートチャージ設定から新規に申し込みをすると、PASMOカードのオートチャージサービスと同様に、モバイルでもオートチャージサービスを利用することができます。
 
「PASMOオートチャージサービス」とは、PASMOの残額が、自身で決定した金額以下の場合(初期設定では2,000円)、PASMOで駅の自動改札機や簡易改札機から入出場する際に、あらかじめ設定した金額(初期設定では3,000円)が自動的にクレジット決済でチャージ(入金)されるサービスのことです。いちいちチャージを手動でする必要がないので、とても便利なサービスですね。
 
但し、バス等のIC運賃機、電子マネーが使えるお店などオートチャージができないケースもあるので、詳細は公式HPをチェックしてみてください。
 
詳細はPASMO公式サイトから、オートチャージサービスのページをご確認ください。
 

【現金で入金(チャージ)】
一部の駅に設置しているApple PayのPASMO対応の販売機などで入金(チャージ)できます。
バスでも1,000円単位で入金(チャージ)をすることができるので、その際は乗務員に申し出てください。
切符売り場チャージ
また、Apple PayのPASMOの使えるコンビニエンスストアでも入金(チャージ)をすることができます。対応店舗のレジ係員に現金での入金(チャージ)を申し出てください。
詳細はPASMO公式サイトから、現金チャージ方法のページをご確認ください。
 

3.すでにSuicaが登録されているけどどちらが優先されるの?

登録をしてチャージのやり方も理解できましたね。
ただここで既に自分のiPhoneにはSuicaが登録されているけど、改札でかざしたらどっちが優先されるの? という疑問が出てくる人もいるのではないでしょうか?
 
ご安心ください。そこもしっかり解決できます。
 
登録したカードには、「エクスプレスカード設定」というものが設定できます。
それは何かというと、利用時にTouch ID/Face IDなしで、iPhoneを読み取り部にタッチするだけで利用することができる設定のことです。
エクスプレスカードに設定できるのは、Apple Payに設定したPASMOやSuicaなどの交通系ICカードのうち1枚のみとなっています。通常、定期券が含まれるPASMOなど、もっとも使用するカードに対して設定するものなので、筆者もこの機会にSuicaからPASMOにエクスプレスカード設定を変更しました
 
【エクスプレスカード設定の手順】

  1. 「Walletアプリ」を開く
  2. エクスプレスカード設定したいPASMOを選択する
  3. 右上の[…]ボタンを押す
  4. 「エクスプレスカード設定」を押す

この設定はいつでも好きなタイミングで変更できるので、もし勤務先が変更になり定期券がSuicaに変更になったとしても、簡単に切替えできます。
パスモエクスプレスカード設定

4.スマホが壊れたり紛失したらどうするの?

もしApple PayのPASMOを設定した端末を紛失や故障をしてしまった時はどうしたらいいのでしょうか?
こういう不運なトラブルが自分の身に起こってしまう確率もゼロではありません。そういう場合でも、落胆する前に不正利用を防ぐための設定をすぐに行いましょう。
 

【iCloudでPASMOを削除する方法】

  1. パソコンや他のスマートフォンからiCloudへアクセスする
  2. 紛失した端末で使っていたApple IDでサインインする
  3. アカウント設定で、紛失した端末を選ぶ
  4. Apple Payに設定したカードの下にある「全て削除」をクリックする

これにより、PASMOはいったんサーバー上へ退避されるので、悪用される心配はありません。
 
iCloudへアクセス。
 

【PASMO会員サイトメニューから停止する方法】

  1. 「PASMO会員サイトメニュー」にログインする
  2. 会員メニュー画面で「再発行登録」を押す
  3. 「次へ」を押す
  4. 「再発行登録確認」画面で「再発行登録する」を押す

Apple PayのPASMOの再発行登録を行うことで、当該PASMO情報をサーバーへ退避させ、紛失した端末上のPASMOを無効化することができます。
 
会員サイトメニューへアクセス。
 

【端末へのPASMO再設定手順】
会員登録していれば、PASMOを再発行でき、新しい端末であらためて設定して利用できるようになります。
 
但し、PASMOに有効な定期券が含まれている場合は、再設定手順終了後すぐに定期券の機能は戻りますが、定期区間外の利用、SF(電子マネー)の利用はできません。SF(電子マネー)については、翌朝5時以降に別途受取り操作を行う必要があります。
 
Walletアプリでの操作

  1. 「Walletアプリ」を開く
  2. 「続ける」を押す
  3. 「カードの種類」及び「カードを追加」画面で該当のPASMOを選択する
  4. 「エクスプレスカード」画面で「次へ」を押す

ウォレットアプリ パスモ情報を戻すやり方①
ウォレットアプリ パスモ情報を戻すやり方②
PASMOアプリでのSF(電子マネー)情報の追加受取り操作

  1. 「PASMOアプリ」を開き「定期券購入・PASMO管理」を押す
  2. どこかをタップしてログイン画面を呼び出し「ログイン」する
  3. 「SF(電子マネー)移行(取り込み)」画面で「実行する」を押す

ここで大事になってくるのは会員登録情報なので、しっかり会員登録情報は覚えておきましょう。
パスモアプリ 追加受取操作方法
詳細はPASMO公式サイトで紛失・故障のページをご確認ください。
 
 
 
大きく4つの項目でiPhoneでのモバイルPASMOについて説明をしてきましたが、だいぶiPhoneで利用する際の抵抗感は少なくなったのではないでしょうか?
物が溢れている現代だからこそ、なるべく持ち物はコンパクトに効率的に使いたいですよね。
せっかく便利な機能がどんどん増えてきているので、是非みなさんも使えるものはどんどん利用していきましょう。

 
さらなる詳細や、エラーなどによる不具合などは
PASMO公式サイト
ApplePay公式サイト
でご確認、お問い合わせください。